クラウド型経費精算サービスを提供するコンカーは今年、大手企業が中心だったビジネス展開を中堅・中小市場にまで広げる方針を掲げる。昨年9月には「e-文書法」の規制緩和が行われ、スマートフォンを活用した領収書の電子化が進むとみられる。「しかし、それは紙を電子化するということ。将来はその紙をもなくしたい」と語る三村真宗社長。今、コンカーのビジネスに追い風が吹いている。