第三次とされる現在のAIブームが続くなかで、確実に存在感を増してきているのが、エヌビディアだ。コンピュータグラフィックスのイメージが強かった同社だが、AI向けマシン「DGX」をリリースするなど、AI市場の拡大とともに、GPUの範囲を越えた事業を展開してきている。同社は、AIブームの現状とその先をどう捉えているのだろうか──。