KeyPerson

仮に統合が破談になっても大きな影響はない

富士ゼロックス 代表取締役社長

玉井光一

取材・文/山下彰子 撮影/大星直輝

2018/08/28 09:00

玉井光一

週刊BCN 2018年08月20日vol.1739掲載

 富士フイルムホールディングス(HD)は今年1月に米ゼロックスの買収を発表。しかし、5月には米ゼロックスが富士ゼロックスとの経営統合を撤回すると発表した。さらに、富士ゼロックスと結んでいる営業地域の棲み分けを含む技術契約を更新しない方針を表明。富士ゼロックスと米ゼロックスの経営統合は暗礁に乗り上げてしまった。そのなかで、富士ゼロックスの玉井光一副社長が6月に社長に昇格した。新社長はこの局面をどう乗り越えるのか。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>