富士フイルムホールディングス(HD)は今年1月に米ゼロックスの買収を発表。しかし、5月には米ゼロックスが富士ゼロックスとの経営統合を撤回すると発表した。さらに、富士ゼロックスと結んでいる営業地域の棲み分けを含む技術契約を更新しない方針を表明。富士ゼロックスと米ゼロックスの経営統合は暗礁に乗り上げてしまった。そのなかで、富士ゼロックスの玉井光一副社長が6月に社長に昇格した。新社長はこの局面をどう乗り越えるのか。