ソフトバンクグループは本体が投資会社としての側面を強め、各分野のトップ企業、有望企業に投資をしつつ、資本関係を持つグループ企業同士のシナジーにより持続的な成長を図る「群戦略」を志向している。ソフトバンクの創業事業であるIT流通を担うソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンクC&S)は、その中でどんな役割を果たし、どのように成長の青写真を描くのか。