日立製作所は、IT事業セグメントで世界トップグループ入りを目指している。海外においてその急先鋒を担うのが、今年1月に発足した新生・日立ヴァンタラだ。旧日立ヴァンタラと旧日立コンサルティングが合併した同社は、世界中に展開するストレージ製品の販売網や、ERPで培ったITコンサルティングのノウハウを生かすことで総合力を発揮。グローバルの日立の各事業セグメントと密接に連携することで、幅広い業種・業態に向けたデジタル変革の支援を担っていく。日立グループのデジタルビジネスの知見を体系化した「Lumada」(ルマーダ)も積極的に活用し、日立ならではの特色あるビジネスを重視し、トップグループ入りに向けた推進役となる。