顧客のDX推進を支援する富士通の戦略子会社Ridgelinez(リッジラインズ)が4月1日付で立ち上がった。リッジラインズが実践していくDX推進のコンサルティング能力と、富士通が持つ先端技術を掛け合わせることで競争力を発揮する狙いだ。ややもすればゴールが曖昧になりやすい「DX」の概念だが、顧客企業のビジネスが成長することを主眼においたコンサルティングを心がけるという軸はぶれないようにするという。顧客やリッジラインズ、そして富士通グループで成長に結びつく「DX体験」を共有し、根づかせる。外部コンサルティング会社から抜擢された今井俊哉社長に話を聞いた。