コロナ禍の混乱が続く中、企業は変化への適応スピードを一段と高めていく必要に迫られている。だが、明確な見通しがきかない状況では、そのスピードを上げることは難しい。NTTデータ経営研究所は、市場動向の予測や新技術の目利きの役割を担うことで、顧客企業のビジネスの変革を推進していく。今年6月にトップに就任した柳圭一郎社長は、「将来、コロナ禍のあのときNTTデータ経営研の提言があったからこそ、変革を成功裏におさめることができたと顧客から評価されるよう研究やコンサルティング活動に邁進していく」と話す。