ノジマ(本社・神奈川県相模原市、野島廣司社長)とビー・ビー・テクノロジー(孫 正義社長)およびソフトバンク・コマース(宇陀栄次社長)の3社は4月8日、ADSLを活用したブロードバンド総合サービス「Yahoo! BB(ヤフー・ビービー)」とブロードバンド電話サービス「BB フォン」の販売を目的とする新会社「ブロードバンド・ジャパン」(野島廣司社長)を設立することで合意した。5月1日をめどに設立する予定。

 今回の新会社設立は、ADSLを中心に市場が急拡大しているブロードバンド関連商材で売り上げ拡大を目指すノジマの戦略と、「Yahoo! BB」、「BB フォン」のリアル店舗での販売機会および、バーチャル店舗でのチャネル多様化を求めていたソフトバンク・グループのニーズが一致して、合意に至ったもの。

 新会社は、全国に展開しているノジマ68店舗(2002年4月8日現在)、ノジマの子会社 テレマックスが運営する通信機器専門店「TELMAX」47店舗、さらにはノジマの関連会社が運営するWebサイト上のバーチャルショップ「でじこん!」4店舗のネットワークを活用し、「Yahoo! BB」の加入受付を開始するとともに、今春には「BB フォン」の加入受付を開始する。

 具体的には、ノジマおよび「TELMAX」の店舗内に「Yahoo! BB」を完備した「Yahoo! BBショップ」という専門コーナーを設置し、ブロードバンドを利用した新しいライフスタイルや、動画を活用した各種コンテンツ(映画、eラーニングなど)を展示、来場者のブロードバンド体験を促進することで「Yahoo! BB」、「BB フォン」の加入受付および、最先端ブロードバンド関連機器(ルータ、無線機器、動画プロジェクタ、各種セキュリティ商品など)の販売を展開していく。各「Yahoo! BBショップ」には、「Yahoo! BB」に関する高度な知識をもつ専門スタッフを常駐させる予定。

 ノジマでは、4月1日から「Yahoo! BB」の受付を先行して開始しており、5月1日からは新会社主導で本格的に受付を開始する。

 ノジマグループ店舗での「Yahoo! BB」および「BB フォン」の販売開始によって、ユーザーは従来のインターネット上での申込みに加え、リアル店舗での申込みが可能になり、回線名義人などの確認やモデムなどの付属品受取りを店舗で即座に行うことが可能となる。