オーエー・システム・プラザの大喜一夫代表取締役会長、大喜章徳社長の就任披露パーティが2月17日、名古屋市内の全日空ホテルズ・ホテルグランドコート名古屋で開催された。大手メーカー、ディストリビュータ約130人が集まり、新会長、新社長の就任を祝った。

 大喜新会長は「パソコン販売の方法は大型店舗で量販していく方法、ネットで販売していく方法、そして地域密着型で販売していく方法の3つある。我々は3番目の地域密着型販売の確立を目指す」と挨拶し、大喜新社長も「北海道から九州・沖縄まで全国36店舗あるが、お客様の畳の上にあがる営業、サポートサービスを重視した営業を展開し、リサイクルにも力を入れたい」と抱負を語った。

 昨年12月に資本提携した豊栄家電の三浦一光社長は「大喜会長、大喜社長とともにデジタル家電を柱にして地域に根ざした販売活動を行っていきたい」と資本提携への期待を表した。また、シャープの松下一晴・国内営業本部副本部長は、「36歳という若い社長の誕生だ。失敗を恐れずにチャレンジして欲しい」と新社長にエールを送った。