印刷事業、システム開発、ホームページ制作などを手がけるエッグ(鳥取県米子市、高下士良社長)は、アライアンスを通じたシステム開発部門の営業基盤拡大を進める。このほど、鳥取市の印刷会社と業務提携で基本合意し、エッグが獲得した印刷部門の受注を提携先に回す一方、提携先の営業部隊にシステム開発受注のための教育を施す。今回のアライアンスをテストケースとし、鳥取県内外で地域に密着した異業種との提携を進め、システム開発部門の営業基盤拡大を図る考えだ。

 エッグは印刷事業がメインで、今年3月時点でも売上構成の過半を占めている。しかし、印刷事業のマーケットは縮小してきており、一方でシステム開発部門は大手メーカーの部品発注システムの受注など拡大傾向にある。成長分野のシステム開発を強化するためにも、アライアンスを通じた営業基盤の拡大を図る。

 今回の合意では、エッグが受注した印刷関連事業を提携先の鳥取市の印刷会社にアウトソースし、提携先の印刷事業の収益に貢献する。その一方、提携先の営業部隊に教育を施し、提携先の顧客のシステム開発やシステムインテグレーションニーズの掘り起こしを行ってもらう。印刷業は顧客との密着度が高く、ニーズの掘り起しには有効なチャネルになるとみている。また、今回の提携で相互の事業の効率化が図れるため、エッグの鳥取支店の縮小・廃止などの固定費削減も検討する。

 今後についても、異業種を含めた地域密着型の企業とアライアンスを組み、営業基盤の拡大を進めていく考えだ。