【上海発】中国のリサーチ会社が実施した中国サーバー事情調査によると、ウィンドウズとLinuxのシステム比較で、TCO(システム総保有コスト)はウィンドウズの方が安く済むという結果が明らかになった。

 初期導入時にウィンドウズはソフト費用が発生するため、イニシャルコストが高いように感じるが、実際比較していくなかで、中国国内ではLinux技術者が不足しているため、技術者のコストが高くなり、結果的に導入、運営の金額はウィンドウズを上回るとしている。実際、Linuxサーバー管理者の給与はウィンドウズサーバー管理者を19.3%も上回るという。
花村直子(インベスネットワークテクノロジー、http://www.inbess.com./