デジタルガレージ(林郁代表取締役CEO)は、ブログを企業のマーケティングツールとして利用するメリットをアピールするため、このほどブログ&モバイル事業戦略室を新設し、ブログ関連事業に本格的に乗り出した。今年9月中をめどにブログソリューションパッケージを販売する計画で、主にメーカー、ネットメディア、EC(電子商取引)サイトをターゲットとして販売する。

 現在、企業のブログ導入が注目されている。そこで同社では、企業のマーケティングツールとして活用する上での導入効果をコンサルティングするほか、ブログから得られる情報について「分析や効果測定で情報を可視化する」(佐藤匡彦・総合企画本部ブログ&モバイル事業戦略室マネージャー)ことで、ブログ導入のメリットを企業が体現できるようにする。

 想定しているブログソリューションパッケージは、シックスアパートのブログツールを利用する。また、同社が今年1月に設立した、米国のブログ検索サイト「Technorati.com」の日本語版サイト「Technorati.jp」を運営する100%出資子会社テクノラティジャパンのブログ検索技術を用いる。これにより導入企業のニーズに合わせてブログの検索ができるなど、各種検索パターンの応用がきく仕組みを作る。例えば、メーカーは数多くのブログのなかで自社の製品がどのように書かれているのかを知ることが可能になる。そのほか、RSS(リッチサイトサマリー)技術を取り入れることで、ログを解析し、ブログ導入後の効果を測定できるようにする。

 今後、デジタルガレージは、企業向けブログビジネス強化のためグループの連携を図っていく。企業がブログをマーケティングツールとして利用するソリューション展開を進めていく考えだ。