マイクロソフトが、10月18日から開催されたWPC EXPOにおいて、Windows Vistaおよび2007 Office Systemを、大々的にデモンストレーションした。

 ブースでは、約250台のパソコンと、約100人のマイクロソフトの社員が待機、実際にWindows Vistaや2007 Office Systemを操作してみることができた。

 基調講演の冒頭に登壇した日本法人社長のダレン・ヒューストン氏は、「Windows Vistaは、デジタルライフスタイルを実現することに大きく貢献するOSであるとともに、デジタルワークスタイルを変革するOS。日本では、デジタルワークスタイルに多くの課題を残しており、これを解決できる」とする一方、「Windows Vistaは、21世紀のPCの世界を実現するベースとなるOS」として、今後のマイクロソフトの事業戦略のベースとなることを示した。

 また、バイスプレジデントのマイケル・シーバート氏は、「Windwos Vistaでは、モバイル環境での接続性をはじめとするコネクティビティ、情報検索と整理を効率化するといった使いやすさとともに、安全性の向上とコスト削減などの課題を解決できる」と説明。一方、ビジネス部門担当バイスプレジデント、クリス・カポセラ氏は、「2007 Office Systemは、単にオフィスアプリケーションを使用するだけでなく、シェアポイントサーバーやエクスチェンジサーバーと連動して使用するなど、情報を共有しながら、チームで仕事をするためのアプリケーション。社員の力を増幅することができるソフトである。社員力を経営力に、というマイクロソフトが打ち出す言葉を実現できる」とした。

 さらに、両氏は、「Windows Vista RC1と、2007 Office System Beta2をWebサイトから入手してインストールして使ってほしいと呼びかけた。一般ユーザーに対して、β版の利用を呼びかけるのはマイクロソフトとしては異例のこと。だが、体験してもらうことで利用者を増やしていく今回のマーケティング戦略の一端を披露した格好となった。