ネットマークス(大橋純社長)は、2006年度(07年3月期)通期の連結業績見通しを売上高583億円(前年度比1.6%減)、経常利益2億4000万円の赤字(前年度は10億円200万円の黒字)、最終利益14億6000万円の赤字(同3億4600万円の黒字)に下方修正した。減収で赤字は会社設立以来初。主力事業であるネットワーク機器の販売が競争激化で厳しい状況に陥っていることが最大の原因で、第3四半期まで赤字が続いている。

 業績回復に向け、現段階で123億円程度に膨れ上がっている販管費を05年度実績の112億円程度にまで下げる。具体的な削減額は、人件費で7億円、既存事業の整理で1億円、業務支援機能の縮小で2億円などとしている。