ヒサゴグループのTB(中川祐介社長)は、パッケージソフト「いんさつ どう?ラク!」シリーズで、Windows Vista専用の伝票印刷ソフト「伝票印刷 VISTA版」を8月24日に発売する。価格は2万790円。

 「伝票印刷」は、見積書、請求書などの販売伝票をはじめ、経理伝票、マニフェスト伝票、郵便振込用紙や商品ラベルなど、さまざまな伝票を印刷できるソフト。既製伝票(専用紙)への印字に加え、無地用紙に罫線ごと印刷する「白紙印刷」やPDF出力も可能。白紙印刷専用フォームを含め、伝票フォーム530点を収録する。

 コード入力や自動計算・転記機能、データ管理をしながら伝票発行ができる「データ管理Excelブック」など、入力作業を効率化するツール類も搭載する。ExcelやAccessなど、他のアプリケーションで管理している販売データや顧客データの差込印刷も行える。

 対応OSはWindows Vistaのみ。Windows XP、2000のユーザー向けに現行の「伝票印刷 5プラス」も併売する。「伝票印刷 5」「伝票印刷 5プラス」のデータは、「データ移行ツール」を使って「伝票印刷 VISTA版」に移行可能。ただし、用紙の廃番により「伝票印刷 VISTA版」には未収録のフォームや、「伝票印刷 4」以前のバージョンのデータは移行できない。