ボーランド(徳永信二社長)は8月7日、負荷テストツールの最新バージョン「Borland SilkPerformer 2007(ボーランド・シルクパフォーマー)」を発売した。出荷開始は8月31日の予定。

 「SilkPerformer」は、ボーランドが06年2月に買収したSegue Softwareの負荷テストツールで、ボーランドが推進するOpen ALM(オープン・アプリケーションライフサイクル管理)を支援する。今回販売する「SilkPerformer 2007」はその最新バージョンで、日本語環境での負荷テストに対応する国際化版。

 負荷テストの対象プロトコルやインターフェイスを、関連するシンプルな3種類の仮想ユーザーライセンスパックとして標準化。これにより、導入時の費用負担の低減と、容易なライセンス管理を実現した。また、従来型の永久使用ライセンスに加え、必要な期間だけ月単位で利用できるフレキシブルな期間限定ライセンスを提供。小中規模プロジェクトにも適用する。

 テストスクリプトやプロフィール、テストデータ、カスタム計測などの各種テスト資産は一元管理でき、単一のインターフェイスでアクセスできる。また、テスト管理ツール「Borland SilkCentral TestManager」との連携で、負荷テストを自動的に実行して結果収集が行え、テスト関連作業を効率化する。さらに、テストスクリプトを作成・カスタマイズするためのウィザードや、根本的な原因をコードレベルで解決するためのオプションモジュールも提供。複数データのシームレスな統合も可能。

 価格は、永久使用ライセンスのWeb仮想ユーザーパックが5万2000円、スタンダード仮想ユーザーパックが6万5000円、プレミアム仮想ユーザーパックが8万円。期間限定ライセンスは、購入する仮想ユーザー数によるため、問い合わせが必要。100ユーザーで1か月期間限定ライセンスの場合は86万円。

 また、企業システムの性能問題を改善するプロフェッショナルサービスも実施。ユーザーに代わって「SilkPerformer」を利用した負荷テストの計画、実行、結果分析、改善策を提供する。