NEC(矢野薫社長)は8月23日、従来モデルよりも設置面積を半減し、消費電力を約20%低減した基幹業務サーバー「i-PX9000モデルS200」13機種を発売した。

 インテル Itanium 2 9000番台を搭載し、ストレージや入出力装置などシステム構成に必要な主要コンポーネントをCPUきょう体に搭載。障害発生時に命令リトライや他の正常なCPUに処理を引き継ぎ運用を継続させるプロセッサリリーフ機能を搭載するなど、RAS機能を装備する。

 OSは、「ACOS-4/VX」に加えて、「HP-UX 11iv2」「Red Hat Enterprise Linux v4」「Windows Sever 2003」の中から選択して搭載できる「マルチOS機能」を実現するとともに、「ACOS-4/VX」を複数搭載する「論理分割機能」に対応。ACOS内へのオープンOS開発環境の構築や、段階的なシステムの移行を可能にするなど、ニーズに合わせた柔軟なシステム構築が行える。

 同時に、「i-PX9000」シリーズ用の中小型ストレージとして、遠隔バックアップ運用への対応など災害対策を強化した「iStorage A2600」を発売した。災害対策ソリューションとして、リモートデータレプリケーションを提供し、遠隔地のディスクアレイ装置間でレプリケーション運用が可能。従来モデルに比べて2倍のデータ転送速度(400MB/秒)も実現した。

 また、「i-PX9000/S200」のCPUきょう体のほか、拡張きょう体などに他の周辺装置と混在して実装可能な省スペースでありながら、電源やキャッシュメモリ、アレイコントローラなどの主要コンポーネントを冗長化し、高可用性を継承した。「WebSAM iStorage Manager」を利用することで、「iStorage A2600」を含むiStorageシリーズディスクアレイ装置の構成・性能・障害を一元管理でき、ストレージの運用管理コストの削減を図ることが可能。