ゼンド・ジャパン(鈴木義幸社長)とSRA OSS日本支社(石井達夫支社長)は8月27日、Windows環境に最適なWebシステム開発環境を構築するための製品「Zend Core for PowerGres on Windows」を9月3日に発売すると発表した。価格は年間5万2500円。

 「Zend Core for PowerGres on Windows」は、ゼンドの「Zend Core」とSRA OSSの「PowerGres on Windows」を組み合わせたWebシステム開発環境を構築するためのツール。WindowsでWebシステム開発を行う技術者のために、Apache、PHP、PostgreSQL部分を一括インストール、またPHPの開発フレームワーク「Zend Framework」も同時インストールして、すぐにシステム開発に入れる環境を提供する。

 開発者支援として、システム開発を円滑に進めるための技術サポートを年間契約で提供。これにより、Webシステム開発初心者から上級者まで、幅広いPHP技術者に最適な開発環境を提供するとともに、開発者へのシステム構築の負担を軽減する。

 「Zend Core」は、PHP環境の構築・管理を行うためのソフト。最新のPHPと周辺モジュールをセットでインストールするだけでなく、Webシステムを含むPHP環境を管理するためのGUIも完備する。一方、「PowerGres on Windows」は、高性能なオープンソース・データベースとして定評ある「PostgreSQL」の安定したバージョンを、Windows環境向けに製品化したもの。インストールのしやすさと使いやすさに重点をおき、充実した管理用のGUIを搭載する。