三菱電機インフォメーションテクノロジー(MDIT、野村齊社長)は8月28日、ユニコードに対応し全世界の文字を含むセキュリティログが分析できる新製品「LogAuditor for CWAT International」を9月3日に発売すると発表した。価格は5万ドルから。

 企業内のPCの操作ログを一元的に蓄積し、検索や分析が可能なソリューション「LogAuditor for CWAT」の国際化対応版で、蓄積するPCの操作ログは単一言語だけでなく、複数の言語の混在をサポートする。例えば、操作ログ内のファイル名やフォルダ名に日本語、英語、中国語など複数の言語が混在していても問題が発生しない。

 また付属するログ分析テンプレートで簡単に導入が可能で、誰が、何を、いつ、どのように情報操作したかを的確に分析できる。さらに、大量に発生するログデータから高速で多次元的に分析を行い、ISMSに準拠した適切なPDCAサイクルを実現可能。ログ項目の選択とデータを列方向に分割、並列に検索することで、1000万件1秒の高速分析を実現する。