日本アバイア(藤井克美社長)は8月30日、一般オフィス向けにAvaya one-XブランドIP電話機の廉価版「Avaya one-X Deskphone Value Edition 1600シリーズ」を発売すると発表した。

 日本アバイア(藤井克美社長)は8月30日、一般オフィス向けにAvaya one-XブランドIP電話機の廉価版「Avaya one-X Deskphone Value Edition 1600シリーズ」を発売すると発表した。

 用途別に機能ボタン数やディスプレイサイズが異なる3機種をラインアップ。搭載する機能を一般オフィスで必要な電話機本来の機能に限定することで、既存製品より約3割から4割低く価格を抑えた。

 「Avaya 1603 IP Telephone」は、来客者や複数の社員による共有を想定し、初めてのユーザーでも容易に操作可能なシンプルなインターフェースを採用した、ロビーや休憩室、倉庫向けのローエンドモデル。「Avaya 1608 IP Telephone」は、通常の電話業務で利用する必要十分な機能を備えたオフィスワーカーのデスク向けモデル。「Avaya 1616 IP Telephone」はより多くの機能を搭載し、コールアピアランスへのスピーディーなアクセスを提供する受付業務、秘書業務向けのハイエンドモデル。

 価格はオープンで、実勢価格は「1603」が1万6000円前後、「1608」が2万9000円前後、「1616」が3万5000円前後の見込み。