ワコム(山田正彦社長)と富士通コンポーネント(松村信威社長)は9月11日、富士通コンポーネントの高解像度モニタコンソール延長遠隔ユニット「Cat5(キャットファイブ)エクステンダー」を経由して、ワコムの液晶ペンタブレットとコンピュータを最大300メートル離れた地点から正常に操作できるソリューションを開発し、9月下旬に発売すると発表した。価格は1システム20万円から。

 これまで、コンピュータにディスプレイやペンタブレット、キーボード、マウスを接続する際、ケーブルを長くすると正常な性能を発揮することができなかった。今回のソリューションでは、液晶ペンタブレットと、パソコン、サーバーワークステーション本体などのコンピュータの間に「Cat5エクステンダー」の送信ユニット/受信ユニットを挿入し、汎用「Cat5E UTP(キャットファイブイー・ユーティピー)」ケーブルで接続。これにより、液晶ペンタブレットとコンピュータの距離を最大300mまで延長しても、データの解像度と液晶ペンタブレットの性能を劣化させることなく、アプリケーションのデータ操作や手書き入力が行えるようにした。

 同ソリューションを利用することで、既存のコンピュータ設備を活用しながら遠隔作業環境を構築することができる。屋外や工場、医療機関の診察室などに液晶ペンタブレットを設置し、コンピュータ本体は異物が混入する心配がない場所や、別室に集めて操作することも可能。

 両社は、同ソリューションの提案によって、教育・医療機関などの施設分野や製造業などで液晶ペンタブレットの導入が進むと見込んでいる。さらに、工業デザインやゲーム制作などにおける知的財産保護、コールセンターなどの個人情報保護、スタジオと編集を異なる場所で行うテレビ放送など、新規需要による販売拡大を目指す。