米メルーネットワークスが、米ガートナーの調べで07年第1四半期から第2四半期までで、無線ローカル・エリア・ネットワーク(WLAN)メーカーで導入実績で3桁の成長率、売上高でも前年同期比100%以上で伸びた唯一の企業であることが分かった。

 米ガートナーが9月に発行した調査レポート「Market Share:Enterprise Wireless LAN Equipment,Worldwide,2Q07」で明らかになった。米ガートナーはWLAN市場全体の成長率は同期間で11%としており、メルーネットワークスの高成長率が目立つ結果となった。

 米メルーネットワークスは、高密度環境やVoIPやビデオなど複数アプリケーションの混在環境で、QoSでのモバイル接続が可能な製品を持つ無線LAN製品の大手。日本では、05年3月に日本法人を設立し、本格的な営業活動を始めている。