京セラコミュニケーションシステム(KCCS、森田直行社長)は10月2日、ID管理システムの新版「GreenOffice Directory Version3.10」を発売したと発表した。価格は300ユーザーライセンスの場合で210万円から。年間で3億円の売り上げを目指す。

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS、森田直行社長)は10月2日、ID管理システムの新版「GreenOffice Directory Version3.10」を発売したと発表した。価格は300ユーザーライセンスの場合で210万円から。年間で3億円の売り上げを目指す。

 社内の情報システムにあるアプリケーションやデータにアクセスするためのIDや権限を管理するためのソフト。組織変更や人事異動などIDやアクセス権限の変更が必要な場合に、付与・削除や管理作業が容易にできる。セキュリティレベルを向上させるほか、内部統制の仕組み構築、管理コストの低減に寄与するという。

 新版では権限委譲機能を強化した。システム管理者が一括で行っていたID管理を特定の範囲で担当者に委譲することが可能。たとえば、設備管理担当の総務部門には内線電話番号のメンテナンス権限を付与したり、ヘルプデスク担当者にはパスワード初期化のメンテナンス権限を与えたりといった使い方ができる。

 また、RSAセキュリティのWebアクセス管理ソフト「RSA Access Manager」との連携機能を搭載。「RSA Access Manager」のシングルサインオン機能と連携させ、IDの統合や認証基盤の構築などが可能になる。