マイクロソフトは10月9日、ビジネスプロセス管理(BPM)および業務システム連携製品の最新版「Microsoft BizTalk Server 2006 R2日本語版」の製品概要と、今後展開するパートナー企業支援策について発表した。

 「BizTalk Server 2006 R2」は、RFIDミドルウェア機能などを装備し、RFIDデバイスの抽象化や異種デバイス一元管理ツールを提供することで、デバイスベンダーは容易なソフトウェア連携を実現できる。また、ユーザーはデバイスの特性を意識せず、容易にソフトウェア連携を実現できる。ソリューション提案の強化やパートナー企業との協業強化なども新たに展開する。

 以前のBizTalk Server製品が含んでいた、ビジネスプロセス管理とサービス指向アーキテクチャ(SOA)/ESB機能上に構築。そのため、コアとなるプロセス管理テクノロジーを、電子データ交換(EDI)やAS2、RFIDのネイティブサポートなどの新機能と組み合わせて拡張するほか、Windows Workflow Foundation(WF)やWindows Communication Foundation(WCF)などの主要な.NET Frameworkテクノロジを提供する2007 Microsoft OfficeシステムやWindows Vistaと緊密に連携できる。

 既存の無償アダプタに加え、WCFベースのアダプタフレームワークを提供。このフレームワークをベースとした基幹業務アダプタ「BizTalk Adapter Pack」を08年上半期に発表する予定。WCFおよびWFを介して、BizTalk Server外にあるビジネスの監視も行える。これにより、企業システムのエッジ(ExcelやRFIDなどのインプット)からフロントエンド・アプリケーション上での業務まで、エンド・トゥ・エンドの企業システムをマイクロソフトテクノロジーで実現する。

 なお、BizTalk Serverビジネスにおけるパートナー企業支援策として、BizTalk Serverビジネス導入の検討支援やBizTalk Serverビジネス化、ビジネス開発、ビジネス展開の支援などを実施する。エディションのラインアップと税別の参考価格は、Enterpriseが699万円、Standardが198万円、Branchが34万6000円、Developerが11万7000円。