NTTデータ イントラマート(中山義人社長)は、企業のフロント業務効率化と内部統制ソリューションの共同展開で、ウイングアーク テクノロジーズ(ウイングアーク、内野弘幸社長)と協業した。

 NTTデータ イントラマートのWebシステム構築基盤「intra-mart」とウイングアークのWeb入力画面開発ツール「StraForm-X」を連携させ、電子ファイルや紙のフォーム、伝票イメージをWeb化し、ワークフローと組み合わせる仕組みを共同開発する。

 「StraForm-X」で生成したWeb画面を、「intra-mart」のワークフローとつなげて、紙文書やデータファイルなどの業務文書に関する内部統制を容易に実現できるほか、既存の帳票やドキュメントなどの資産イメージを、そのままフロント画面として生かせる。「intra-mart」を利用する企業や見込み顧客に対し、11月に提供開始する予定。