NECは11月30日、旅行会話を対象にした携帯電話向けの日英自動通訳ソフトを開発したと発表した。サーバーに接続することなく、端末に組み込んだソフトだけで翻訳が短時間でできるのが特徴。NECでは市場のニーズを見ながら早期の実用化を目指す。

 携帯電話のマイクに向かって日本語を話すと、端末のソフトが文章を認識し、1秒で認識した日本語の文章を携帯の画面に表示。次に携帯のボタンを押せば、入力された日本語と、収録する英単語辞書に照らし合わせて、1秒で英文を表示する。

 ソフトは「日本語音声認識エンジン」「翻訳エンジン」と、2つのソフトを制御するミドルウェアで構成。音声認識では、例えば「あ」といった誰が発音しても認識しやすい音はデータを共通化、「ず」といった摩擦音のような発話者で発音が異なる音は複数の音の見本を採用するというように、データを選別して搭載することで処理量を減らし、高速で認識できるようにした。

 「翻訳エンジン」は約5万語の単語を収録。単語と文法のデータを別々に搭載して翻訳していた従来方式とは異なり、「語彙規則型翻訳方式」と呼ぶ、単語に意味と語法を一緒にしてデータ化し、データ量の軽量化を図ることで翻訳時間を短縮した。単語に語法をデータとして組み込むため、「事故にあう」「有名人にあう」というような文脈によって意味が異なる「あう」という単語でもすぐに翻訳できるほか、口語や主語省略などの旅行会話に特徴的な表現も正確に訳せるという。

 また、ミドルウェアで2つのソフトを包括することで、メールソフトやブラウザからも音声認識・翻訳機能を呼び出せるようにし、同時に、端末の機能を損なうことなく、どんな携帯電話でも利用可能にした。英語以外の外国語の翻訳も可能という。

 開発したソフトの容量は20MBで、最新端末のメモリ容量の6分の1程度までコンパクト化した。今回、公開したソフトでは翻訳結果を英文の表示するだけだったが、音声合成を使って英文を読み上げることもできるという。今後、携帯電話だけでなく、腕時計やデジタルカメラなどへの搭載も検討する。

 発表会で、服部浩明・共通基盤ソフトウェア研究所部長は、「当社は1977年から自動通訳に取り組んできた。携帯端末だけで翻訳できるソフトは我々だけ。今回の技術で誰でもいつでもどこでも話ができる夢の実現に一歩近づいた」と述べ、翻訳ソフトの技術力に自信を示した。