パナソニック コミュニケーションズ(PCC、藤吉一義社長)とKDDI(小野寺正社長兼会長)は11月29日、KDDIの無線LAN対応au携帯電話「E02SA」を活用した内線ソリューション「OFFICE FREEDOM(オフィスフリーダム)」を協業で提供すると発表した。

 KDDIの無線LAN対応au携帯電話「E02SA」は、社内のIP-PBXの端末として収容することで、社内では無線LAN対応のIP内線電話として、社外ではauの携帯電話として利用できる。また、無線LAN対応のIP内線電話を実現することで、社内のレイアウト変更時の移設や増設のためのコストの削減にも貢献する。

 PCCのIP-PBX「IP-Digaport JII/XII」は従来、音声通話の使いやすさにIP技術やモバイルソリューション、業務支援アプリケーションなどを取り込むことで、企業内の業務効率の改善や通信コストの削減をサポートしてきた。

 このほか、「OFFICE FREEDOM(オフィスフリーダム)」に対応した「IP-Digaport JII/XII」は07年度中に提供する予定。今後も、IP-PBXと無線LAN対応のau携帯電話を活用したモバイルソリューションを協業で展開することで、ユーザーに一層のメリットをもたらすサービスの提供を進める。