グレープシティ(馬場直行社長)は12月5日、Windows Vistaや64ビットOSに対応した「SPREAD for .NET 3.0J Windows Forms Edition(スプレッド)」を08年1月18日に発売と発表した。価格は1開発ライセンスパッケージ16万8000円、ダウンロード版は15万1200円。なお、Visual Studio 2008には無償対応を予定する。

 .NETアプリケーションにあらゆる表計算機能を提供する表計算コンポーネント。320種類の関数を用いた数式計算をはじめ、19種類のセル型や、プレビュー付きの印刷機能、Microsoft Excelとの高い親和性と強力なファイル入出力を備える。また、ダイアログ形式で各種の設定を行う専用デザイナが付属し、コーディングレスでグリッドを設計できる。

 新バージョンでは要望の高かったユーザー操作のアンドゥ/リドゥ、列ヘッダのドラッグ&ドロップによるOutlookスタイルのグループ化やシートの移動など、ユーザビリティを向上させる機能を標準装備したほか、複数列のドロップダウンリスト表示が可能な「マルチカラムコンボボックス」と「リストボックス」の2種類のセル型を追加。また、列ヘッダのグラデーション表示といったデザイン機能も大幅に強化した。

 さらに、テキストボックス型セルや編集可能なコンボボックス型セルに入力文字列を自動的に補完するオートコンプリート機能を装備。テキストボックス型、数値型、通貨型、パーセント型のセルではセルデータが空の場合に任意の文字列を表示できる。