日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一社長)は、最新のクアッドコア Xeon 5400番台を搭載したパーソナル・ワークステーション2機種を発売する。ともに固定仕様のBTOモデルとカスタマイズできるCTOモデルを揃え、BTOモデルは12月13日、CTOモデルは12月17日に発売する。

 ラインアップは、静音性の高いきょう体を採用した「HP xw6600 Workstation」と、最大128GBのメモリが搭載可能なハイエンドモデル「HP xw8600 Workstation」の2機種。

 「xw6600」は、省スペースで静音性の高いきょう体を採用。グラフィック用のPCI Express Gen2 x16スロットを2基増やし、最大8画面のマルチディスプレイが構築可能。メモリスロットは8スロットに増え、拡張性が向上した。複数の画面を用いる金融トレーダー、ミッドレンジ、ハイエンドメカニカルCAD、DCC、OEM向けの組み込み端末などの分野向け。

 一方「xw8600」は、「xw8400」の後継機。最新のクアッドコアプロセッサ対応のCPUソケットを2基、FB-DIMMメモリスロットを最大16本、PCI Express Gen2 x16スロットを2基、SATAポートを6基、SASポートを6基備えるなど高い拡張性をもつ。ハイエンドメカニカルCADやCAE、3Dアニメーション制作、科学技術計算、オイル・ガス探査など高いパフォーマンスを要求する分野に向いている。

 2機種共通で選択可能なCPUは、クアッドコアのXeon 5405(2.00GHz)/5420(2.50GHz)/5440(2.86GHz)/5450(3.00GHz)/5460(3.16GHz、xw8600のみ)の5種類で、デュアルコアのXeon 5260(3.33GHz)にも対応する予定。「xw6600」は8つのメモリスロットを搭載し、最大32GB、「xw8600」はさらにライザーカードを利用可能。合計16スロット、最大128GBのFB-DIMMメモリを使用できる。

 このほか、インテル5400チップセットの採用で、理論上従来の2倍の帯域幅を実現するPCI Express Gen2 x16スロットを2本装備する。最大8画面のマルチディスプレイが構築可能で、グラフィックカードはエントリーの「NVIDIA Quadro NVS290」からハイエンドの「NVIDIA Quadro FX5600」まで用途に応じて選択できる。電源は変換効率80%以上の基準を満たす「80PLUS」認証を取得した電源ユニットも採用する。

 固定仕様モデルの価格は、Xeon E5450×1、1GBのメモリ、80GB SATA HDD×1、グラフィックカード非搭載の「HP xw6600 Workstation」が31万7100円。Xeon E5460×1、2GBのメモリ、250GB SATA HDD×1、NVIDIA Quadro FX1700の「HP xw8600 Workstation」が51万6600円。