住商情報システム(SCS、阿部康行社長)は1月8日、エイトレッド(林宗治代表取締役)と協業し、IT全般統制テンプレート「SMART SOX for ITGC」を発売した。

 日本版SOX法の「IT全般統制」に含まれる、「情報システム部の業務プロセス」の申請・承認処理を行うための監査対応を支援する。「標準プロセスの運用フロー」をエイトレッド製のウェブフォームワークフロー「X-point」に組み込むことで、IT全般統制の整備を迅速に行う。

 ラインアップは、IT全般統制に関する整備・文書化を行う標準プロセスの運用フローを搭載した「SMART SOX for ITGC ベースパック」、業務フロー・業務記述書・リスクコントロールマトリクスなど業務プロセスの文書化を支援する「SMART SOX for ITGC 文書化支援セット」、これら2つの機能を採用した「SMART SOX for ITGC フルパック」の3種類。税別価格はベースパックと文書化支援セットが50万円、フルパックが80万円。