センドメール(小島國照社長)は1月10日、送受信メールの通数やコネクション数などをゲートウェイで制御するメールゲートウェイフィルタ「Mailstream Flow Control」に、SMTP認証による接続・流通を制御する機能「SMTP認証トラフィック制限」を新たに標準搭載すると発表した。

 SMTP認証は、SMTPサーバーとクライアント間でユーザーアカウントとパスワードの認証を行い、認証が許可された場合のみメールを送信可能とする技術。既存のメールサーバーに「SMTP認証トラフィック制限」に対応した「Mailstream Flow Control」を導入すれば、新たにプログラム開発せずに、SMTP認証によるスパム対策が可能となる。

 「Mailstream Flow Control」は、スパムフィルタベンダーが提供するIPアドレスベースのレピュテーションデータによってフィルタリングを行う機能も搭載しており、SMTP認証と組み合わせることで、より確実な迷惑メール対策が可能になる。

 販売は同社のパートナー経由で行う。価格はオープンで、参考価格は1サーバー当たり約140万円。なお、同製品はセンドメールのメール製品以外に、MILTER対応のMTA製品でも利用可能。稼動環境は、Solaris 8/9/10、Linux(RedHat Linux Advanced Server 3.0/4.0、SUSE Linux Enterprise Server 8/9)。