シンガポールのティティネットワークインテグレーションアジア(TTNI、山田強社長)とトレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は1月15日、アジア地域の多国籍企業を対象に、セキュリティ監視サービス「TTNIエンドクライアントサービス(TTNI End Client Services)」を2月1日に提供開始すると発表した。今後1年間の販売目標は5000万円。

 具体的には、ユーザーの拠点内に導入したトレンドマイクロのクライアント・サーバー向け総合セキュリティ対策製品「ウイルスバスター コーポレートエディション」を、TTNIデータセンターより遠隔から24時間365日で管理する。

 トレンドマイクロのパートナー向けトータルコンサルティングサービス「トレンドマイクロ エキスパートサービス」を基盤に構築、TTNIが販売・運用し、クライアントコンピュータのセキュリティ対策をアウトソーシングすることで管理者のセキュリティに関る負荷を軽減する。