エージーテック(安藤由男代表取締役CEO)は1月24日、持ち出しPC向けのセキュリティ向上システム「セキュリティコンパクト」を2月5日に発売すると発表した。価格は5ユーザー限定版が20万円、基本ライセンスが10ユーザーで35万円。追加ユーザーライセンスは10ユーザーで5万円。ただし、5ユーザー限定版では追加ユーザーライセンスは利用できない。開発はアステックインタナショナル(野見山正弘社長)。

 ノートPC上のファイルをドラッグ&ドロップで登録するだけで自動的に暗号化し、復号キーをサーバーに格納。暗号化したファイルを開くと、サーバー認証を経て復号キーを取得、同時にアクセス情報をサーバーに記録する。追跡性も確保ながら、各ファイルへのアクセス権を管理者によって一括設定できるのも特徴。社外でノートPCを利用際の盗難や置き忘れによる情報漏えいを未然に防ぐ。

 暗号化には信頼性の高い128bit AESを採用。PCからサーバーへのアクセスはデータを伴わないキー情報などに限定されるため、通信途中の漏えいもない。また通信量も少ないため、低速の回線によるサーバー接続も利用可能。サーバー側はオープンソースにすることで、初期投資、ランニングコストの低減を図った。