京セラコミュニケーションシステム(KCCS、森田直行社長)は2月5日、RSAセキュリティ(山野修社長)の統合ログ管理アプライアンス「RSA enVision」の販売で、代理店契約を結んだと発表した。

 今回の契約で、KCCSは自社で展開する内部統制ソリューションの製品ラインアップに「RSA enVision」を追加し、ログ監査ソリューションとして販売を始める。「RSA enVision」は、サーバーやネットワーク機器のログを一括収集して保存、管理する専用機器。収集したログを即時に分析して監査レポートの作成やセキュリティ上の問題抽出に役立てることができる。

 両社は代理店契約締結を機にマーケティング面でも協業。セミナーを共催するなどで、拡販を図る体制を築く。まずは2月下旬に「内部統制のためのログ管理ソリューションセミナー」と題したセミナーを東京と大阪で開催する。