日本事務器(NJC、田中啓一社長)は3月3日、ぺタビット(伊藤浩社長)が開発したECサイト構築支援パッケージソフト「Petabit EC Direct」を発売した。初年度10システムの販売を目指す。

 通信販売大手の千趣会が監修したパッケージで、同社が展開する大規模向け通信販売支援パッケージ「BELLE Direct」と、NJCが開発・販売する中小規模向け通信販売支援パッケージ「CORE Plus qbic DirectOne」を連携させた。千趣会の通販事業者へのコンサルティングサービススキルとNJCのSI力、ペタビットが持つECサイト構築ノウハウを結集して開発した。

 商品検索やカート機能、マイページおよびニュース表示機能などのECサイト構築に必要な基本フロント機能を備えるほか、受注や商品・顧客管理および問い合わせ、ポイント管理などのバックエンド機能も搭載した。

 このほか、オプションでは携帯電話向けECサイトモジュールや、個人情報の暗号化、デジタルカタログ、PIP(Person in Presentation)型プレゼンテーションコンテンツ、Web広告ソリューションを用意。ECサイト構築の総合パッケージソフトとして拡販する。