マカフィーは3月26日、グローバル企業向けのソリューション・サポートとして「マカフィー プラチナサポートポートフォリオ」を4月1日に拡充すると発表した。

 同社は、企業サポートに対するニーズへの理解を深めるため、世界中の2000社以上にヒアリングを実施。その結果を反映し、これまでのサポートレベルを維持しつつ、「マカフィー ゴールドセレクト・テクニカルサポート」、「マカフィー プラチナセレクト・テクニカルサポート」、「マカフィー・プラチナセレクト」を新設した。

 「マカフィー ゴールドセレクト・テクニカルサポート」では、「マカフィー スタンダード・テクニカルサポート」に加え、上位レベルのセキュリティエンジニアとなるプロダクトスペシャリストが、24時間365日の体制で問い合わせに対応する。プロダクトスペシャリストの専門技術とセキュリティ知識により、ビジネスインフラへのリスクを軽減していく。

 「マカフィー プラチナ・テクニカルサポート」では、「マカフィースタンダード・テクニカルサポート」に加え、マカフィーの窓口となるマカフィーサポートアカウントマネージャー(SAM)を任命する。SAMは、製品サポートやソリューションプランニングの支援、積極的なアドバイスに加え、複雑な技術的問題をできるだけ迅速に解決するための、仲介や支援を行う。また、プロダクトスペシャリストが問い合わせに対しても、24時間365日対応していく。

 「マカフィー・プラチナセレクト」では、「マカフィー プラチナ・テクニカルサポート」に加え、さらに、プロダクトスペシャリストを世界中、時間を問わず活用することが可能となる。