米ストラタステクノロジーは4月10日、高信頼性無停止型サーバー「ftServer」が北京オリンピックの地下交通網システムに採用されたことを発表した。「ftServer」で稼動するアプリケーションで、地下交通網システムの制御、ソフトウェア監視および管理を行う。

 北京オリンピックの地下交通網システムは、主要なオリンピック競技会場が位置する「北京オリンピックパーク」の巨大な地下駐車施設と地上道路とをつなぐ5.5kmの円形道路。同地下交通網のコントロールシステムは、ミッション・コントロール・モニタリングセンタ内に設置され、データベースとI/O処理を行う2台の「ftServer 4400システム」を中核に、運用、エンジニアリング、ネットワーク管理およびメンテナンスを行うための多種のワークステーション、イーサネットスイッチ、データ収集装置、その他のコンポーネントと周辺機器で構成される。

 同システムによって、ループ中に絶えず変わる状況でも、精密で信頼性が高く、かつ高速な応答を実現し、リアルタイムの情報提供を行うとともに、交通の流れを効率的に整え、旅行者の安全性を確保する。具体的には、ビデオ監視や、データ収集装置からI/Oサーバーへのトンネルシステムを通した安定した情報集積によって、状態の評価、マルチポイント通信、先を見越した交通管理のために入力するあらゆる情報の即座の分析を実現。コントロールセンターの巨大なビデオスクリーンには、就業中の運営スタッフや管理者に向けて、分析から得られたデータとビデオ情報をリアルタイムで表示される。

 なお、ストラタスでは、同システムの提供にあたり、南京と上海に事業拠点をもつシステムインテグレータおよびアプリケーションプロバイダであるShanghai Hi-Tech Control Systems社とテクノロジーパートナー契約を締結している。