BSLシステム研究所(小野秀幸社長)は、在庫管理ソフトの新版「在庫らくだ 4 普及版」と「同プロ 4」を4月25日に発売する。

 両タイトルは、今年で発売11年目を迎える「在庫らくだシリーズ」のラインアップで、多様な在庫管理形態をサポートする機能を備え、価格が安価なため低コストで導入できるのが特徴。登録設定も自由度が高く汎用性も高いという。

 新版は、使いやすさの向上と高機能化を主眼に開発。入力画面スペースを最大約25%拡張し、操作方法をイメージさせるアイコンを採用。見やすさと操作性のアップを図った。検索機能も強化し、入力画面で商品名や取引先名を検索する際、探したい言葉の一部を入力すれば「先頭一致」や「部分一致」などで検索できるようにした。

 上位版の「在庫らくだプロ 4」には、ユーザーから要望が多かった入出庫伝票の転記機能を搭載。以前に作成した入出庫伝票から、同じ情報を転記することができ入力作業を簡素化できる。

 価格は「在庫らくだ 4 普及版」が1万3440円、「同プロ 4」が2万790円。両タイトルともに無期限・無料のサポート保証を付加した。