大塚商会(大塚裕司社長)と日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一社長執行役員)、マイクロソフト(樋口泰行代表執行役社長)の3社は4月14日、大塚商会の「マイクロソフトソリューションセンター」におけるWindows Server 2008を核としたデモンストレーション環境の構築に協力すると発表した。

 具体的には、マイクロソフト製ソフトウェア、HP製ハードウェアおよびサーバー管理ソフトウェアに、大塚商会のソリューションを組み合わせた総合ITソリューションの提案・提供に関して協業する。3社は、企業システム構築において実効的な検証が可能な設備を設置し、情報系システム・コミュニケーションシステムや仮想化ソリューションなど、すべてのソリューションを体験できるようにする。

 大塚商会の「マイクロソフトソリューションセンター」は、IT導入を検討している企業の担当者に、実際のソリューションの動きを見せ、具体的解決策から導入までの相談を専門SEが受ける施設。可動式デモ環境として、各地イベントなどさまざまな場所で見ることもできる。

 今回構築するデモンストレーション環境では、ハードウェアとして「HP BladeSystem c-Class」および「HP ProLiant」サーバーと、本日発表したオンラインストレージ「HP StorageWorks 4400 Enterprise Virtual Array(EVA4400)」を試用。一方ソフトウェアでは、Windows Server 2008を中心に「HP ProLiant Essentials」サーバー管理ソフトウェアなど最新のシステム環境を用意。また、同センターはマイクロソフトの「Microsoft Executive Briefing Center Tokyo」、日本HPの検証施設「Windows Server 2008コンピテンシーセンター」とも、デモンストレーション提供のための技術情報やノウハウに関して密接に連携する。