非営利団体の米(ISC)2(The International Information Systems Security Certification Consortium)は、米サンフランシスコで4月7日から11日まで開催された「RSA Conference 2008」で、米SC Magazine誌の「最優秀プロフェッショナル資格プログラム」を受賞したと発表した。

 米(ISC)2は、情報セキュリティプロフェッショナルの教育・認証資格提供を専門とするグローバルの非営利団体。89年の設立以来、情報セキュリティ資格認証団体として、特定のベンダーに偏らない中立性を重視し、セキュリティ業界で最高水準の認証資格を提供してきた。とくに情報セキュリティプロフェッショナルのキャリアを通じたニーズに応えるため、「CISSP」をはじめ、専門性の高い「SSCP」や「CAP」といった資格制度を展開している。

 今回、情報セキュリティへの貢献が高く評価され、600件を超えるエントリーから受賞者を選出する米SC Magazine誌の「2008 SC Magazine Professional Award」で、「最優秀プロフェッショナル資格プログラム」を受賞した。米(ISC)2は教育サービスでも、過去2年にわたり米SC Magazine誌の「最優秀プロフェッショナル トレーニング プログラム」を受賞している。