アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、クライアントセキュリティ「InterSafe CATS」の新機能として「Webアクセス監視機能」を追加し、5月8日に発売した。

 「InterSafe CATS」は、社外にPCを持ち出した場合でも、社内での利用と同様にアクセスを制限することができるセキュリティツール。今回、Webアクセス監視機能を追加することで、社外でのインターネットへのアクセス利用状況を把握できる。

 新機能では、月間・週間で、「グループ/ユーザ別カテゴリ別アクセスレポート」、「グループ/ユーザ別アクセスレポート」、「カテゴリ別アクセスレポート」、「カテゴリ別アクセス比率」、「カテゴリ別トップ10グラフ」など、5種類のレポートを管理画面上で確認できる。これによって、ユーザーのアクセス状況を一元管理できるため、社外での利用者や、各営業所の社員、長期出張者などの利用履歴も容易に把握することが可能。

 新機能を含んだ「InterSafe CATS」の税別価格は、5ユーザーで3万円から。「InterSafe CATS」の既存ユーザーは、新機能を無償で利用できる。