GMOインターネット(熊谷正寿会長兼社長)は5月20日、法人営業統括本部が手がける全事業を同社子会社でEC支援ビジネスのGMOソリューションパートナー(松原賢一郎社長)へ移管すると発表した。

 同社の法人営業統括本部は、06年に検索上位表示サービス「JWord」を開始。その後、ホームページ製作や顧客・在庫管理、集客支援、ECサイトの構築・運営に必要なサービス提供などを手がけ業容を拡大してきた。事業基盤強化の一環として、07年3月1日には佐川急便と提携し合弁会社GMOソリューションパートナーを設立している。

 今回の事業譲渡により、EC支援事業をGMOソリューションパートナーに集約して、EC支援ビジネス基盤を強化。高付加価値ソリューションを展開したい考え。