ハイパーギア(本田克己社長)は7月1日、文書配布統制システム「HG/文書配布統制システム」を発売したと発表した。8月中旬から出荷を開始する。

 PDFダウンロード禁止機能を搭載。共有ファイルサーバーから直接開かれたときのみに正常表示ができる。USBメモリや自分のPC上などにコピーした場合は、最新版でない旨の警告を表示する。DRM暗号化にも対応。社外のPCでファイルを開くことや画面キャプチャの防止、有効期限が切れるとファイルを自動消去するなどの設定が行える。

 文書の作成や管理では、現在で利用している文書管理システムやECMシステムを利用できる。文書管理システムで最新版を作成後、システムの入力フォルダに入れれば、公開用のフォルダにセキュリティを付加したPDFなどの文書が作成できる。

 価格はオープン。DRM暗号化を利用するための「DRMクライアントライセンス」が50クライアントで21万円。