NECとNECソフトは7月2日、セキュリティソフトウェア「InfoCage」で、社内ネットワーク接続のPCを自動検疫するソフトを強化し、「InfoCage PC検疫 V2.0」の名称で8月1日より発売すると発表した。税別価格は、最小構成で92万円から。2010年度までに700億円の販売を見込む。

 対策不備のPCを、社内ネットワークから隔離して治療を行うソフト。今回、ネットワーク構成やセキュリティ状況の自己診断など運用管理機能の強化をはじめ、シンクライアントへの対応、F5ネットワークス製ネットワーク機器「FirePass」との連携などを組み込んだ。