日本SGI(佐藤年成社長)は、奈良先端科学技術大学院大学(安田國雄学長)にソニーの4Kプロジェクションシステム(SXRD)や200インチの大型ガラススクリーンを活用した超高精細映像研究システムを構築、納入した。

 ソニーの4Kプロジェクタ「SONY SRX-S110」を採用したことで、ハイビジョン映像に比べ約4倍の超高精細映像をリアルタイムに生成し、双方向の入出力を可能にした。

 同大学情報科学研究科の1階ロビーに設置し、研究室での利用にとどまらず、全学共有設備として広範な活用を図る。訪問者向けのプレゼンテーション設備としても利用する計画。