トレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は7月28日、100人以下の中小企業を対象とした、1つの管理画面で集中管理できる総合サーバークライアントセキュリティ製品「Trend Micro ビジネスセキュリティ 5.0」を、8月22日に発売すると発表した。税別価格は、5ユーザー・パッケージ版が初年度2万7500円、2年目以降が2万2000円から。

 「Trend Micro ビジネスセキュリティ 5.0」は、迷惑メール対策やウェブサイトの危険度評価・ブロック機能に加え、パターンファイルに依存せず、システム改変の監視で新しい脅威を検出する機能を搭載する中小企業向けの総合セキュリティ製品。ウイルス検索エンジンとスパイウェア検索エンジンを統合することでパフォーマンスの向上を図り、旧製品と比較して、コンピュータ全体の検索時間を最大約80%短縮した。

 最新型の不正プログラムへの対策を強化するため、「迷惑メール対策ツール」「Web評価(レピュテーション)」「挙動監視」の3つの新機能を搭載。「迷惑メール対策ツール」では、画像迷惑メールやフィッシングメールに対応した検索エンジンを採用し、本文内のURLで不正なウェブサイトへ誘導するメールを検知する。Outlookシリーズのプラグインとして機能するため、導入や設定も簡単に行える。

 トレンドマイクロの企業向け製品では、初めて、挙動監視機能を搭載。システムファイルやレジストリなど12項目の改変を監視し、新たな特徴を持つ不正プログラムをシステム改変の動きで検出する。また、ウェブサイトの危険度を評価付けする「Web評価(レピュテーション)」機能を搭載し、ユーザーがブラウザを利用したウェブサイトへのアクセスに加え、不正プログラムが背後で実施するウェブサイトへのアクセスのブロックも可能となる。

 対応OSは管理サーバー側がWindows Server 2008/2003、Small Business Server 2003/2000、Windows Vista/XP/2000。クライアント側がWindows Server 2008/2003、Small Business Server 2003/2000、Windows Storage Server 2003、Windows Vista/XP/2000。