アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、情報漏えい防止ソリューションの新版「DocumentSecurity v3.5 SP1」を7月31日に発売する。

 「DocumentSecurity」は、電子文書を暗号化して企業からの機密情報の流出を防止する。新版では「業界で初めて」(ALSI)マルチロケーションに対応。国内外どこからでも、多言語ファイル・フォルダの暗号・復号化を可能にした。

 また、自動暗号化フォルダでは、「Office2007」拡張子と簡易暗号化をサポート。「ActiveDirectory」連携機能も拡張したほか、UGS配布の時間指定も可能にした。マルチドメイン対応で、複数ドメインの混在環境でも、事前指定したいずれかのドメインに属すれば、ログインできる。

 オプションとして「DocumentSecurity WorkFlow」も提供する。Webブラウザからの申請ワークフロー機能で、承認された期間だけデバイス規制を解除して平文、外部送信セキュリティファイルをリムーバルディスクに書き出し可能にする。オプションの価格は、99ユーザー以下の場合で1785円から。