日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一社長)は7月31日、業界標準x86サーバー「HP ProLiant」ファミリーのエンタープライズ向け2機種を9月上旬から、サーバー間での共有が可能なSAS接続のエントリーディスクアレイ1製品を8月上旬から順次出荷すると発表した。

 ラインアップと価格は、「HP ProLiant DL785 Generation 5 クアッドコアAMD Opteronプロセッサ 2.5GHz搭載モデル」が413万4900円から、「HP ProLiant DL585 Generation 5 クアッドコアAMD Opteronプロセッサ 2.5GHz搭載モデル」が298万6200円から、「HP StorageWorks Modular Smart Array 2012sa」が61万9500円から。

 「HP ProLiant DL785 G5」「HP ProLiant DL585 G5」は、クアッドコアAMD Opteron 8360 SE(2.5GHz)を搭載。「HP ProLiant DL785 G5」では最大で8基(32コア)、「HP ProLiant DL585 G5」では最大で4基(16コア)搭載し、すぐれた処理性能を発揮する。また「HP ProLiant用16GBメモリキット」に対応することで最大メモリ容量が従来の倍となり、より大規模なシステムの構築が可能となった。

 一方「MSA2012sa」は、2UラックマウントサイズのSAS接続ディスクアレイ製品。サーバーとSASケーブルで接続するだけで、SANインフラを構築しなくても信頼性の高い共有ストレージを利用できる。標準で2つのSASポートを備え、本体には3.5インチのSAS/SATA HDDを最大12台搭載可能。さらに、追加エンクロージャの使用によって最大で48台まで拡張できる。

 同時に「HP ProLiant用16GBメモリキット」の価格も改訂した。価格は、「16GB PC2-5300 REG DDR2 ECC SDRAMメモリ キット」が旧価格315万円から新価格136万5000円、「16GB PC2-5300 FB-DIMM DDR2-667メモリ キット」が旧価格420万円から新価格157万5000円。