マイクロソフト(樋口泰行社長)は、データベース(DB)の新版「Microsoft SQL Server 2008」日本語版のボリュームライセンスを8月1日に発売した。9月19日にはパッケージ版も販売開始する。

 バージョンアップは約3年ぶり。新版では、仮想化環境構築の自社技術「Hyper─V」対応や、大規模データウェアハウス(DWH)構築に必要なデータのパーティション・圧縮機能、「日本版SOX法」対応を意識した暗号化機能を付加した点などを特徴にした。また、製品ラインアップでは従来タイトルに加えて、新たにWebサイトやWebアプリ用の新タイトル「SQL Server Web」を用意した。価格は42万6000円からと他のラインアップに比べて安価に設定。「WebシステムはOSS(オープンソースソフトウェア)で構築するケースが多いことを意識し、戦略的に価格を安価にし、その対抗タイトルとして揃えた」(五十嵐光喜・業務執行役員サーバープラットフォームビジネス本部本部長)格好だ。

 発売日までに揃っているアプリケーション数は195個。149社のISVやSIerが対応アプリを開発済みで、五十嵐業務執行役員は「前版出荷時に比べて、1.5倍のアプリ数を用意できた。パートナーの“Readyness”(レディネス)は前版以上に高まっていることを市場に印象づけることができた」とパートナーとの協業成果を評価している。今後のパートナー向け支援施策として、新DBの技術者育成を支援するため、CSK Win テクノロジの熊澤幸生執行役員CTOを技術顧問に招聘。教育体制を強化した。