アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は9月25日、IDC Japanが9月に発行した「2008年 国内セキュリティソフトウェア市場セキュアコンテンツ管理、脅威管理製品の動向」のWebフィルタリング市場でシェア1位を獲得したと発表した。

 調査によると、ALSIの07年Webフィルタリング市場シェアは30.0%(金額ベース)。金額は18億500万円だった。ALSIは、自治体や学校などの公共機関の売上比率が高く、とくに地方における販売体制を整備。Webフィルタリングソフト「InterSafe」は、更新率も高くユーザー数を伸ばしており、現在では420万程度のユーザー数をもっている。

 なお、今回の調査結果では、「Webフィルタリング」だけではなく、「アンチウイルス」「メッセージセキュリティ」「その他悪意あるソフトウェアの検出/駆除」を含めた「セキュアコンテンツ管理市場」全体としても、コンシューマ市場、企業向け市場ベンダー売上額実績で、ともに5位となった。